2つのアプローチ

あ、これ、使える。

1.チャート式 月次決算書

利益と現金が違うのでよく分からない 数字は経理に任せておけばよいのでは 銀行は今までの付き合いがあるからいつでも助けてくれるのでは
会計には皆様の頑張りが必ず表れます。利益とキャッシュはつながっています。 「つくる」力は経理に任せておいて、「読む」力をつけましょう。 「読める」と「話せ」ます。それが信用につながります。
グラフ1
グラフ2
キャッシュを増やすには? 去年とどこが悪い? 他のトコとどこが悪い?
数字で見ると良く分からないが・・・
図にしたら会社の状態が分かる!
そして対策には原理原則がある

2.現金最大化計画(書かざるものは実現しない)

現金最大化計画

資金ショートの仕組みや時期をつかみ、それを克服し現金を最大化させる計画をつくりましょう。
つくれます。
ひな型がありますから!

経営計画

継続した黒字経営のために不可欠なもの

弊社は、
「あおばの周りをたくさんの笑顔で満たす」
ことを経営理念とし、お客様に有益なご提案、そしてサービス提供を常に行なっております。

計画や目標の無い経営は、地図や行程表を持たずに見知らぬ土地を旅行するのと同じことです。

時にはすばらしい発見もあるかもしれません。

しかしそれは、さまざまな外部環境に左右され、流されるままに漂い、気が付けば今自分がどこにいるのかさえ分からなくなってしまう危険性をはらんでいます。

先の見えない時期であるからこそ、経営者自らがその企業の進むべき方向性を決め、全社員が一丸となって経営に臨むことが重要です。

そのために、社長や従業員の想いをカタチにした経営計画の作成は欠かすことができません。
あおばは、経営者の皆様とともに、あるべき企業の将来像を考え経営計画を作成し、意思決定を行うためのサポートをいたします。

経営計画策定までのながれ

 STEP1  ヒアリングによる現状分析,経営課題の整理


弊社担当者からのご質問に答えていただき、決算書などの数字にはあらわれない御社における課題を整理します。

 STEP2  過去の決算数値の確認と分析,同業他社との比較


「決算カウンセリング」として、この部分のみ承ることも可能です。

実際の決算数値から、経営課題を抽出します。
その際、御社の過去業績の推移はもちろん、同業の中小企業各社の財務数値はどのようなものか、22万社超の中小企業の財務データの中から抽出し、御社業績と比較検討をします。

 STEP3  現状からみた将来の予測と経営改善のための行動計画の決定


まず、現状のままでの将来のキャッシュフロー予想を行ないます。
その後、今までお聞きした経営課題や財務上の課題を克服するための対策を、実際の数値に落とし込んでゆき、キャッシュフローのシミュレーションを行ないます。
シミュレーションののち、経営目標の数値を決め、具体的な行動計画を決定します。

 STEP4  経営計画書のご提供


決算カウンセリング報告書、予測損益計算書、予測キャッシュフロー計算書、行動計画表等の書類をご提供します。

Q&A


 Q  今まで経営計画を作成したことがないのだが、つくれるものか?


 A  
・まったく心配ございません。
・経営計画は、数字の計画ではなく、社長の想いを従業員様に伝え、ともに発展するために必要な、いわば「手紙」のような大事なツールとお考えください。

 Q  作成するタイミングとしては決算月の頃でないとダメか?


 A  
・決算月の1~2ケ月前ほどがベストですが、計画は会社によって千差万別ですので、現状分析の時間や準備期間を考えるとどの時期からでも作成は可能です。
・まずは会計の専門家とともに、現状を分析し、いろいろな考えをまとめてみることが大事です。

 Q  費用はどの程度か?


 A  
・顧問契約の有無によって変動はございますが、顧問契約を頂戴していない場合の基本報酬は200,000円からと設定しております。
・会計税務の専門家が行ないますことを考慮すると、いわゆる経営コンサルタントに依頼することと比べてリーズナブルですし、事前のお見積りもさせて頂きます。

 Q  計画をつくったあとのフォローは?


 A  
・せっかく想いのこもった経営計画をつくっても、その達成に向けて進まなければいけません。
・全社員への計画発表会への同席と司会、その後の業績検討会への同席と司会、議事録作成などのフォローも承っております。


お問合せフォームはこちら
税理士松尾のブログ
あおばスタッフブログ
あおばオンラインセミナー
一般社団法人フライト

          一般社団法人フライト