実現したいこと

税理士という仕事を通じて、どのようなことを実現したいか

何事も、「継続」するということほど難しい事はありません。


商売においても同様です。
今、この一時が良ければ、自分の代が良ければ、という考えよりも、

会社を継続させて雇用や生活を守る、であるとか、
会社を継続させて自分の夢を叶える、とか、
会社を継続させるために後継者を育てる、とか、

イメージ画像

とにかく「継続」という視点が大切です。

しかしながら、中小企業の経営者というのは、営業・人事・教育・庶務・資金繰りなど、
経営に関する全てのことを一人でやらねばならず、まさにスーパーマンであることが要求される
現実があります。
何もかもやらねばならない立場で、さらに不景気もあいまって、日々の業務に忙殺され、
昔は良かったということは思い出せても、未来への夢や想いを今にどうやって活かすか、
ということを考える暇すらなく、目の前の出来事や資金繰りで精一杯になってしまいがちです。
しかし「社長の力=会社の力」という中小企業だからこそ「社長業」に専念しなければなりません。

サービス業、税理士業、などと同じように、社長業というものが存在します。

事業承継・自社株対策・会議運営・計画経営・経理の合理化など、社長であるからこそ
取り組まなければならないことの優先順位が会社によって異なるのは当然ですが、
まずはその取り組むべき社長業に専念できる組織作りのお手伝いや課題の洗い出しが急務です。
ドラッガーも言います。小企業こそ、トップマネジメントの仕事を組織化しなければならない、と。

そういった組織づくりのお手伝いができるのは、社長様の人柄やお金の流れを
把握し、会計や税務のもつチカラを活かせる税理士をおいて他にないと
考えています。

私どもの経営理念にあるように「中小企業の経営者に安らぎと潤いを提供」するためには、
税務はもちろんですが、経営をサポートできるだけの幅広い分野の知識、豊かな人間性、勤勉さ、を有していなければなりません。
そして何より、お手伝いをさせて頂く私たちが、得体のしれない「顧問料」なるものの上に
胡坐(あぐら)をかくのではなく、「多(多面的)長(長期的)根(根本的)」の思考をもって
日々の税理士業務にあたることが大前提です。

スーパーマンである中小企業の経営者をサポートできるよう、日々汗をかいて、
モットーである「学習,親切,よろこび」の精神を持ち続け、企業の継続を支援することができ、
その一助となることができた、という実感や、お客様にありがとうと言って頂けた、
社内外の人の役に立つことができたという実感でもって、「あおば」の人間も、仕事や人生に充実感を
見い出すことができればと願っています。

実現したい事
信念
やりがい
何故「あおば」か
多いご相談内容
2つの違い
税理士松尾のブログ
あおばスタッフブログ
あおばオンラインセミナー
一般社団法人フライト

          一般社団法人フライト