何故あおばか

お客様は、なぜ当事務所に依頼して下さるのか

次のような思考回路でもって、
事業を展開しているためだと考えます。

中小企業の経営者に安らぎと潤いを提供する。

私たちの仕事を、単に申告書作成や帳簿作成、という行為ではなく、
「企業経営の継続支援」「経営者の縁の下の力持ち」と位置付ける。

イメージ画像

気軽に相談でき、何か困ったら「あおば」に聞いてみようと思って頂ける体制づくりが必要。

標準の会計ソフトは複数社用意(TKC、JDL、弥生)。
他人同士の複数人税理士が在籍し、そのうちには相続贈与専門税理士も在籍。
税務会計ではニーズにお応えできないので、労務問題を取り扱う社会保険労務士
同じビル内
に在籍。
行政書士も同ビル内に在籍しているほか、弁護士・司法書士などの他士業との
ネットワークも構築。
奈良県内の全ての金融機関と、セミナー活動などを通じてコミュニケーションを図っている。
経営支援専門の別会社(AOBAソリューション株式会社)も併設しており、
コンサルティングサービスも提供が可能な体制。

標準業務の仕方としては、メールや電話ではなく、面談が柱。
あえてアナログで、定期的に顔と顔をあわせることで、コミュニケーションレベルを上げ、
ご相談をして頂きやすい環境を作りたいから。
リーズナブルかつお互いにメリットのある料金で面談時間を設けるためには、
お客様の段階である程度記帳ができていることが前提となるが、出来るだけ負担が少なくて
済む合理的な複数社のソフトを使用することで、どなたでも記帳ができるように親切なご指導を
徹底
している。

税理士業とは、「情報提供サービス業」。
何かあったら相談に乗ってあげる、という「上から目線」ではなく、私たちから情報を提供する、
という位置づけで、毎月無料の「あおばセミナー」を開催。
そこでは税務会計はもちろん、相続贈与、労務関係、資金調達など幅広い分野を扱う。

税理士事務所の商品は「人」そのもの。
税理士資格保有者だけではなく、各担当者も、経営者の方々にとって有用な情報を
提供できるようになるべく、毎月第一土曜日は社内研修会を実施。
自分達のオフィスをキレイに保つために、毎朝の清掃と月一回の大掃除は欠かさない。

実現したい事
信念
やりがい
何故「あおば」か
多いご相談内容
2つの違い
税理士松尾のブログ
あおばスタッフブログ
あおばオンラインセミナー
一般社団法人フライト

          一般社団法人フライト